2012年7月19日 (木)

臨死体験で末期癌が消えた! (1)

☆☆☆ これは、このブログ一番のおすすめ記事です! ☆☆☆

********************************************************************************
アニータ・モージャニさんは、2歳の時から香港に住んでいるインド人女性です。

2006年2月、全身を癌で侵された状態で臨死体験をし、
古今東西の聖者たちの悟りにも劣らぬ深い気づきを得た結果、
癌が奇跡的な速度で縮小していき、3週間後にはすっかり消えてしまいました!!!

このため、世界中の癌研究者や臨死体験研究者から注目を浴びています。

もしあなたが死とは何か、癌とは何かを真剣に知りたいと思っておられるのなら、
ぜひアニータさんのお話にじっくり耳を傾けてみてください。
********************************************************************************


  2011年8月のインタビュー    インタビュアー: Lilou Mace



  2011年9月のインタビュー    インタビュアー: Jackie Roberge

*****************************************************************************************
▼下記の対訳は、2006年に書かれたアニータ・モージャニ (Anita Moorjani) さん
  の公式サイトの英文記事
を、ゆうこが許可を得て和訳したものです。、
 上の動画のテキストではありませんが、内容は同じなので、参考にしてください。

*****************************************************************************************

------------------------------------------------
NDE Details
アニータ・モージャニ 臨死体験記
        (和訳: ゆうこ )
------------------------------------------------

This is the original NDE description that Anita Moorjani submitted to The Near Death Research Foundation in August 2006. The owner of the site, Dr. Jeffrey Long, an oncologist, contacted Anita within hours of her submitting it, asking follow up questions, which are below the the experience description.

これは、2006年8月にアニータ・モージャニが臨死研究協会のサイトに投稿した臨死体験記の原稿です。 サイトの所有者ジェフリー・ロング博士(腫瘍学者)は、この体験記を受け取って数時間の内にアニータに連絡し、追跡質問を行いました。 その質問と回答もこの体験記の後にあります。

---------------------------------------
EXPERIENCE DESCRIPTION:
体験の詳細

---------------------------------------

I had end stage cancer (Hodgkin’s Lymphoma),
and was being cared for at home.
わたしは末期癌 (ホジキンリンパ腫) で、在宅療養をしていました。

I was connected to an oxygen tank, and had a full time nurse.
酸素タンクにつながれ、フルタイムの看護師につきそわれていたのです。

But on this morning, February 2nd 2006, I did not wake up.
I had fallen into a coma.
けれども2006年2月2日のその朝、わたしは目覚めず、昏睡状態におちいりました。

My husband called my doctor who said I needed to be rushed to hospital.
夫はわたしのかかりつけの医師に電話し、医師はすぐにわたしを病院に運ぶようにと
指示しました。

The senior oncologist looked at me and told my husband
ベテランの癌専門医はわたしを見て、

that it was now the end, and that my organs were now shutting down.
「これはもうだめです。 臓器が活動を停止しかけています。

I would probably not make it beyond the next 36 hours.
たぶん、もう36時間ももたないでしょう」 と夫に言いました。

However, the oncologist said he would do whatever he could
できるかぎりのことはやってみるけれど、

but prepared my husband that I would most likely not make it,
as my organs were no longer functioning.
もう臓器が機能していないから助からないだろう、その覚悟はしておくように、
と言ったのです。

They determined this because my body started to swell up,
and I had open skin lesions.
これは、わたしの体が膨れ始め、皮膚病変が口を開けていることからくる診断でした。

They started me on a cocktail of medication on a drip,
そして混合薬物の点滴が始まり、

and poked me with tubes and pipes for nourishment, drugs and oxygen.
栄養剤や薬や酸素を取り込むためのチューブやパイプがわたしの体に
取り付けられました。

I thought that I was drifting in and out of consciousness during this time,
わたしは、そういうことが起こっている間、意識がなくなったり戻ったりしていたのだと
思っていました。

because I was aware of everything that was going on around me.
なぜかと言うと、まわりで起こっていることすべてを知覚していたからです。

But it was confirmed to me later by my family and the doctors
けれども後になって家族や医師たちと話してみると、

that I was in a coma the whole time.
この時わたしはずっと昏睡状態だったことがわかりました。

I saw and heard the conversations between my husband and the doctors taking place outside my room, about 40 feet away down a hallway.
でもわたしには、夫と医師たちが病室の外の廊下の約12m離れた所で
話しているのが見え、その会話が聞こえたのです。

I was later able to verify this conversation to my shocked husband.
後になって、わたしは夫にこの会話が実際のものだったことを確め、
夫は驚愕していました。

Then I actually “crossed over” to another dimension,
それからわたしは ”境界を越えて” 別の次元に移行し、

where I was engulfed in a total feeling of love.
無限の愛の感覚に包まれました。

I also experienced extreme clarity of why I had the cancer,
そして、 自分がなぜ癌になったのか、

why I had come into this life in the first place,
そもそもこの世に生まれてきたのはなぜなのか、

what role everyone in my family played in my life in the grand scheme of things,
大いなる観点から見れば、わたしの家族の一人一人はわたしの人生でどんな役割を果たしてきたのか、

and generally how life works.
人生というものはどのように機能しているものなのか、
ということが、一分の曇りもなくわかりました。

The clarity and understanding I obtained in this state is almost indescribable.
この意識状態で得た心の明晰さ、洞察力の深さは、とても言葉で表現できません。

Words seem to limit the experience –
言葉は経験を小さく限定してしまいます。

I was at a place where I understood how much more there is than what we are able to conceive in our 3-dimensional world.
わたしは、3次元世界からは想像もできないことがどれだけあるかがわかる場所にいたのです。

I realized what a gift life was,
そして、人生とは何というすばらしい賜物であるかに気づき、

and that I was surrounded by loving spiritual beings,
わたしはいつも慈悲深い霊的存在たちに囲まれていて、

who were always around me even when I did not know it.
その存在たちは、わたしが気づかない時でさえ、すぐそばにいてくれるのだということも知りました。

The amount of love I felt was overwhelming,
わたしが感じた愛の量は圧倒的なものでした。

and from this perspective, I knew how powerful I am,
そしてこの見地から、わたしは自分がどんなにパワフルな存在であるかに気づき、

and saw the amazing possibilities we as humans are capable of achieving during a physical life.
わたしたちが人間としてこの世で達成できることの可能性がどんなに大きなものであるかにも気づきました。

I found out that my purpose now would be to live “heaven on earth” using this new understanding,
そして、今のわたしの目的は、この新たな気づきを用いて 「地上で天国を生きる」 こと、

and also to share this knowledge with other people.
そして、人々にこの知識を伝えることだということがわかりました。

However I had the choice of whether to come back into life, or go towards death.
でもその時わたしは、「生」 に戻るか 「死」 に進むかの選択をしなければなりませんでした。

I was made to understand that it was not my time, but I always had the choice,
そして、今はまだ 「死」 に進む時ではないけれど、いつでもそれを選ぶことができ、

and if I chose death,
もし 「死」 を選んだ場合は、

I would not be experiencing a lot of the gifts that the rest of my life still held in store.
残りの人生のために用意されている様々な賜物を経験できなくなることにも気づかされました。

At first, I did not want to come back,
最初わたしは戻りたくありませんでした。

because my body was very sick,
肉体はひどい病気だし、

and I did not want to come back into this body
as the organs had already stopped functioning and I had all these open skin lesions.
臓器は既に機能を停止し、皮膚も腫れ物だらけ、そんな体の中に戻るのは嫌だったのです。

But it seemed that almost immediately,
ところがそう思った途端、

I became aware that if I chose life, my body would heal very quickly.
もしわたしが 「生」 を選ぶなら、その体は急速に回復していく、という気がしました。

I would see a difference in not months or weeks, but days!
それも何ヶ月か何週間かではなく、ほんの数日で違いがわかるほど急速に!

I then started to understand how illnesses start on an energetic level before they become physical.
そして、病気というものは、肉体に現れる前に、エネルギーのレベルで始まるのだということがわかってきました。

If I chose to go into life,
わたしが 「生」 を選べば、

the cancer would be gone from my energy, and my physical body would catch up very quickly.
まずわたしのエネルギーから癌が消え、肉体はすぐにその後をたどるのです。

I then understood that when people have medical treatments for illnesses,
そして、普通の医療では、

it rids the illness only from their body but not from their energy so the illness returns.
体の症状だけ取り除いてエネルギーの治療はしないから病気が再発するのだということもわかったし、

I realized if I went back, it would be with a very healthy energy.
もしわたしが 「生」 に戻れば、それは非常に健康的なエネルギーを伴うものになるはずで、

Then the physical body would catch up to the energetic conditions very quickly and permanently.
肉体はそのエネルギーの状態に急速に追いつき、いつまでも健康でいるだろうということもわかりました。

I seemed to become aware that this applies to anything, not only illnesses –
そしてこれは、病気のことだけでなく、

physical conditions, psychological conditions, etc.
物理的状況、心理的状況など、何にでもあてはまることがわかってきました。

I became aware that everything going on in our lives was dependant on this energy around us,
人生で起こるできごとのすべては、この自分のまわりのエネルギーによって起こり、

created by us.
そのエネルギーは自分が生み出したものなのです。

Nothing was real –
実在するものは何もない。

we created our surroundings, our conditions, etc.
自分のまわりの環境も、自分自身の状態も、みんな自分がこしらえたもの。

depending where this “energy” was at.
それは、このエネルギーがどこに働くかで決まるのです。

The clarity I felt around how we get what we do was phenomenal!
わたしたちは自分の行動の元をどこから得ているのか―そのことに対する気づきの明晰さは驚くべきものでした。

It’s all about where we are energetically.
それは、自分がエネルギー・レベルでどこにいるか、という問題なのです。

I somehow knew that I was going to see “proof” of this first hand if I returned back to my body.
そして、もしわたしが体に戻ればそのことを自分で実証することになるだろう、という確信が生まれていました。

It felt as though I was drifting in and out between the two worlds,
this physical world and the other side,
わたしはこの世とあの世を出たり入ったりしているような感じがしました。

but every time I drifted into the “other side”, I seemed to go deeper
そして、あちらの世界に行くたびに深く入り込み、

and experienced more “scenes”.
さらに多くの「場面」を体験しました。

There was one where I saw how my life had touched all the people in it –
その内の一つでは、わたしの人生がその中にいる人々とどう接触しているかが見えました。

it was sort of like a tapestry
それはちょうどタペストリーのようなものでした。

and I saw how I affected everyone’s lives around me.
わたしが周りの人々の人生にどんな影響を与えているのかが見えたのです。

There was another scene where I saw my brother on a plane,
もう一つの場面では、兄が飛行機に乗っているのが見えました。

having heard the news I was dying, coming to see me
兄は、わたしが危篤だと聞いて、こちらに向かっていました。

(this was verified to me as when I started to come round,
(そしてわたしが意識を回復してみると、

my brother was there, having just got off a plane).
飛行機から降りたばかりの兄が側にいたことから、これが事実だったことがわかりました。)

I then saw a glimpse of my brother and me
それからもう一つ、兄とわたしの姿がちらりと見え、

and somehow seemed to understand it was a previous life,
それは前世の場面だと気づきました。

where I was much older than him and was like a mother to him.
そこではわたしは彼よりずっと年上で、母親のような立場にあり、

I saw in that life I was very protective towards him.
彼を守ってやらなければという意識が強かったことがわかりました。

I suddenly became aware he was on the plane to come and see me,
すると、途端に、彼がわたしに会うため飛行機に乗ったことに気づき、

and felt “I can’t do this to him – can’t let him come and see me dead”.
「だめだ。 来てみたらわたしが死んでいた、なんていう目に遭わせてはいけない」 と感じました。

Then I also saw how my husband’s purpose was linked to mine,
それからわたしは、夫の人生の目的がわたしの人生の目的とどうつながっているか、

and how we had decided to come and experience this life together.
どうやって二人でこの世に生まれ、一緒に人生を経験しようと決めたのだったかかわかりました。

If I went, he would probably follow soon after.
もしわたしがこの世を去れば、彼もすぐに後を追うだろうということも。

In addition, I seemed to understand that, as tests had been taken for my organ functions
さらにわかったことは、わたしの臓器の機能が検査され、

(and the results were not out yet),
その結果はまだ出ていませんでしたが、

that if I chose life, the results would show that my organs were functioning normally.
もしわたしが 「生」 を選ぶなら、検査結果は 「臓器の機能に異常なし」 と出るだろうし、

If I chose death, the results would show organ failure as the cause of death, due to cancer.
もしわたしが 「死」 を選ぶなら、「死因は癌による臓器不全」 と出るだろう、ということでした。

I was able to change the outcome of the tests by my choice!
わたしは、自分の選択によって検査結果を変えることができたのです!

I made my choice, and as I started to wake up
わたしは選択をしました。そして目覚めてみると、

(in a very confused state, as I could not at that time tell which side of the veil I was on),
(自分がどちらの世界にいるのかわからず、非常に混乱した意識状態でしたが、)

the doctors came rushing into the room with big smiles on their faces saying to my family
大きな笑みを浮かべた医師たちがあわただしく入って来て、わたしの家族にこう言っていました。

“Good news – we got the results and her organs are functioning –
「素晴らしいニュースです! 検査結果が出ました。 臓器はちゃんと機能しています。

we can’t believe it!! Her body really did seem like it had shut down!”
信じられないことです! 確実に機能停止したと思えたのに!」

After that, I began to recover rapidly.
それからは、ぐんぐん回復していきました。

The doctors had been waiting for me to become stable before doing a lymph node biopsy to track the type of cancer cells,
医師たちは、癌細胞のタイプを追跡するためのリンパ節生検を、わたしの状態が安定するまで待っていたのですが、

and they could not even find a lymph node big enough to suggest cancer
癌と呼べるほどの大きさのリンパ節を見つけることさえできませんでした。

(upon entering the hospital my body was filled with swollen lymph nodes and tumors the size of lemons, from the base of my skull all the way to my lower abdomen).
(病院に運ばれた時には、わたしの体は首の付け根から下腹部まで、
レモン大に腫れ上がったリンパ節と腫瘍だらけになっていたのに。)

They did a bone marrow biopsy,
次には骨髄生検もしました。

again to find the cancer activity
癌の活動状態を調べて、

so they could adjust the chemotherapy according to the disease,
それに合わせた抗癌剤治療をするためです。

and there wasn’t any in the bone marrow.
ところが、骨髄にも異常はありませんでした。

The doctors were very confused,
医師たちは非常に困惑しましたが、

but put it down to me suddenly responding to the chemo.
抗癌剤投与を開始しました。 わたしは急にそれに応じるようになっていたのです。

Because they themselves were unable to understand what was going on,
医師たちは、何が起こっているのか理解できないため、

they made me undergo test after test, all of which I passed with flying colors,
検査に次ぐ検査をし、わたしはその全てを楽々とクリヤーしました。

and clearing every test empowered me even more!
そして、あらゆる検査をクリヤーできたことで、わたしはますます力づきました。

I had a full body scan, and because they could not find anything,
そして全身のスキャンをし、何も見つからなかったので、

they made the radiologist repeat it again!!!!
放射線技師は再検査をさせられてしまいました!!!

Because of my experience,
この体験があるので、

I am now sharing with everyone I know that miracles are possible in your life every day.
わたしは今、奇跡というものは誰にでも日常的に起こり得るものだということを
あらゆる知人たちに伝えています。

After what I have seen, I realize that absolutely anything is possible,
あの体験を通して、わたしは、完全にどんなことでも可能だし、

and that we did not come here to suffer.
この世に生まれてきたのは苦しむためではないのだ、ということに気づいたのです。

Life is supposed to be great, and we are very, very loved.
人生はすばらしいものであるはずです。 わたしたちは、とてもとても愛されています。

The way I look at life has changed dramatically,
人生に対するわたしの見方は、劇的に変わりました。

and I am so glad to have been given a second chance to experience “heaven on earth”.
わたしは、「地上で天国を味わう」 2度目のチャンスを与えられたことが、
うれしくてたまりません。

臨死体験で末期癌が消えた (2)につづく)

【関連記事】
臨死体験で末期癌が消えた (2)
臨死体験で末期癌が消えた (3)
臨死体験で末期癌が消えた (4)
臨死体験で末期癌が消えた (5)

| コメント (0)